舌が白いけど取れない!舌苔の慢性化する原因は?

「舌が白いけど取れない」とお困りでは?なぜなら、舌の白いのは、ただの汚れではないからです。

それでは、舌の白いのは何だと思いますか?それは「舌苔(ぜったい)」といって、舌乳頭の角化に細菌や細胞の死がいなどが付着して固まったものです。そのため、嫌気性菌が舌苔のタンパク質を分解して、臭い物質である揮発性硫黄化合物(口臭)を発生させます。

だからといって、舌苔を取ろうとゴシゴシと舌を磨いても痛くなるだけで、ピンクの舌にすることは不可能です。強く舌を磨くと舌乳頭を削り、口腔乾燥を招く原因にもなるため口臭を悪化させます。

じつは、舌苔は健康と密接に関係しています。それまで綺麗だった舌が、疲労などで免疫が低下すると突然白くなります。また、常に唾液の分泌量が少ないと、舌苔が慢性化して口臭が治らないとか味覚障害の原因になります。

舌苔を除去して口臭を改善するためには、その原因を知って適切なケアを行わないといけません。

今回の記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)上林登が書きました。

舌苔がつく原因

舌苔がつく一番の原因は、唾液の分泌が減少することですが、その他にも口腔乾燥を起こす原因があるのでご紹介します。

舌磨きで白くなった舌

1、ドライマウス

2、薬の副作用

3、胃腸の調子が悪い

4、ストレスが溜まっている

5、体調不良による免疫力の低下

6、舌の形状(毛状舌や裂溝舌)

7、全身疾患(糖尿病やシェーグレン症候群など)

8、加齢

9、口呼吸

10、歯磨き不足

11、喫煙

もしかしたら、あなたの舌が白くなった原因は、1~11のいくつかが重複していることもあります。

簡単な話、喫煙習慣により舌苔が出来ている場合には、喫煙をやめれば、改善されます。同じように、歯磨き不足で口内が不清潔になり、舌苔が出来ている場合には、歯磨きをていねいにすることで、舌苔も改善されます。

ところが、身体の疾患や服薬の副作用によって舌苔が出来た場合には、舌苔を治したいと思っても、服薬をストップするわけにもいきません。

また、先天的に舌乳頭が長かったり、舌に溝ができていると、汚れがたまりやすくなるため、舌苔も出来やすいです。ほかにも、ドライマウスや口呼吸、ストレスが原因だと分かっていても、それ自体、変えることが困難です。そして、これらの主となる原因だけではなく、舌苔をできやすくする要因があります。

舌苔を慢性化させる原因

舌苔が慢性化して治らない人の特徴は、喫煙や合成界面活性剤含有の歯磨き剤を使用して、口腔乾燥にしていることです。また、歯周病になっていて口内細菌が増えていたり、お菓子やジュースをよく口にすることによって、口内が酸性に傾いていることも、舌苔が治らない原因となるので、生活習慣を見直すことも大切です。

1、喫煙
灰皿

2、お酒を飲む
暴飲暴食

3、炭酸飲料やジュースを良く飲む

4、水分補給が不足している

ストローとコップの水

5、暴飲暴食

6、睡眠不足、疲労、ストレス

抱き枕

7、合成界面活性剤、発泡剤などを含む歯磨き剤の使用

研磨剤入り歯磨き粉

8、アルコール含有のマウスウォッシュの使用

9、舌磨きのし過ぎ

sitamigaki

10、肉類、乳製品などのたんぱく質が多い食生活

11、歯磨き不足、歯周病などの口内疾患。

まとめ

舌苔をつかないようにするためには、舌だけ磨いてもだめです。口内ケアをていねいに行い口内全体を清潔に保つことが大切です。口内環境が改善されることで口臭もしないようになります。

鏡の前で歯磨き

早く舌をきれいにするためには、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使用すると取れやすくなりますが、舌苔を出来やすくしている要因を無くすことも大事なことになります。

そのためには、口腔乾燥(ドライマウス)を起こしている処方薬(副作用)や喫煙を見直したり、唾液量を減少させている生活習慣を改善することも大切です。

関連記事

舌磨きはしないほうがいい?やめると口臭はどうなる?
舌が白い、口臭と汚れを除去する「舌苔の取り方」
舌が白いなら保湿ジェルをつけるのがおススメ。なぜおススメなのか

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する